テレフォンセックスは言葉だけではなく「音」も重要

「音を操れ」のテロップのバックで指を咥えている若い女性

テレフォンセックスは言葉のやり取りをするものです。あるいは相手の喘ぎ声を聞いて興奮します。ベースにあるのはこの2つです。

ですがこれだけではありません。他に何があるのかというと、それは「音」です。
音というのは効果音だったりBGMだったりします。これを意識するだけでもテレフォンセックスをより盛り上げることができます。

効果音とは、セックスの時に発せられる音のことです。

  • フェラやクンニをする時の舌使いの音
  • パンパンというピストン音
  • ベッドの軋む音
  • バイブやローターの機械音

などなど。

フェラやクンニをする時の舌使いの音

私は男ですが、例えばフェラをされている時、全く無音なのと「ジュルジュル」とか「チュパチュパ」などの効果音を発せられるのと、どちらが興奮するでしょうか?

当然後者ですよね。ほとんどの男性が同じ意見なんじゃないでしょうか?
普段はあまり意識していないものですが、音は大事な要素です。意識して発するようにすることで、あなたのテレフォンセックスはもとより、リアルなセックスもどんどん彩り豊かになることでしょう。

また、練習することで当然向上していきます。暇な時に一人で研究してみましょう。でも誰かにみられると確実に変態扱いされてしまうので気をつけて下さい。

パンパン!というピストン音

手を叩くという方法があります。あるいは自分の尻や桃を叩く。まあ痛いので手が無難でしょうか。

ベッドの軋む音

挿入してピストンをしていると鳴る「ギシギシ」というベッドの軋む音。単純に自分がベッドの上で弾むことで出すことができます。しかし電話を片手に実行するのはかなり大変だし、あまり音を拾ってくれない可能性があるので微妙かもしれません。
本格的にやるならヘッドセットなどしてハンズフリーの状態になりましょう。

バイブやローターの機械音

これは普通にスイッチを入れるだけでOKでしょう。もし持っていなければシェーバーなどで代用できます。あるいは動画サイトで「バイブ音」などで検索するとでてきます。

動画で代用するのもあり?

AVなどで本場の効果音を聞かせる、というのもありですが、なかなか狙った音だけ拾うのも難しいので注意が必要です。Youtubeなどを始め、ネットでそれぞれの効果音が簡単に手に入る時代なのでそちらも視野に入れておくといいでしょう。とはいえ、やはり生の音が一番新鮮で興奮することは間違いないので、できれば自分で音を生み出せるよう努力しましょう。