テレフォンセックスは音声のみ?ビデオチャット?長所と短所を解説

電話とビデオどっちがいいの?というテロップの後ろでテレフォンセックスをする女性

テレフォンセックスには想像力が必要です。何故なら音声のみでやり取りをしなければならないから。
当然相手をうまく想像できなければ楽しめないし、また相手を楽しめることができなくても成立しません。互いの想像力とセックスボキャブラリーが重要になるのです。
リアルなセックスであればこちらが正常位からピストンして一方的に攻めたり、あるいは騎乗位で相手に身を委ねたり、どちらか一方の行動が一方的に行われる瞬間というのもありますが、テレフォンセックスにおいて一方的に相手に身を委ねることをしてしまうとテレフォンセックスの意味がなくなってしまいます。

そんなテレフォンセックス初心者におすすめしたいのはビデオ通話を使ったプレイ方法。
今では簡単にビデオ電話が可能です。Line、Messenger、Skypeなどを使えば無料で互いの姿を視覚的に捉えながらセックスに興じることができるのです。互いの性器を見せ合ったり、オナニーを見せ合ったり、時には感じている顔を見せ合ったりと、相手が見える分そこまで想像力は必要とされません。だからテレフォンセックスがうまくいかないという方はビデオ電話でセックスに興じて見るのも良いでしょう。
視覚的な情報がある分より興奮を楽に得ることができるのです。

リアルで会うことが前提でその品定めとしてビデオ通話を利用する

スマホでビデオチャットしているイメージ

もう一つ見逃せないポイントとして「リアル前提かどうか」というのは重要です。テレフォンセックスのみをあくまで目的としている人ももちろん沢山いますが、あわよくばリアルであってみたいと考える人もまた多いです。その場合、音声のみよりもまずは前もって視覚的にも相手の情報がわかった方が話は早いでしょう。
通常のテレフォンセックスでものすごく気があったのに実際会うと相手が生理的に無理な外見であったとしたら、すぐにでも帰りたくなること必至でしょう。
だからリアル目的の人はビデオ通話前提でまずは話を進めてみましょう。

ビデオ通話セックスの欠点

ビデオチャットで会話しているイメージ

欠点は相手の容姿が見えてしまい、自分の容姿も見えてしまう、ということに尽きます。
どういうことかと言うと、互いの容姿を晒してしまうことで失望してしまうパターンもありえるということです。電話ではかわいい声だったのに顔を見てみたらブスだった、みたいな危険性を考えなければならないわけです。

そうなると逆に音声のみのやり取りをするテレフォンセックスが魅力的にも思えてきますよね。テレフォンセックスは自分の想像力次第によるところが大きく、例え相手が実際はブスであろうと高齢であろうとあまり関係がなくなってくるという事実は大きな強みになり得るのです。

まとめ

  • 想像力に乏しくて視覚的に刺激がほしいならビデオ通話
  • リアルで会うことを前提とするならビデオ通話
  • 相手の容姿なんて関係なく楽しみたいなら通常のテレフォンセックス

こうなるとどちらも甲乙つけ難い魅力がありますがどうしても迷って決められなければ両方試してみるのもありでしょう。あなたのテレフォンセックスライフに少しでもお役に立てれば幸いです。