八方手を尽くしテレクラの女性を懐柔する

八方手を尽くしテレクラの女性を懐柔する

テレクラを利用して女性と出会うということを達成している人に共通しているのは、「用意周到である」ということではないかと思います。

テレクラを使う前には、なんといっても「テレクラで女性と絶対に出会うぞ!」という、エクスクラメーションマークをつけざるをえないほどの「強い気持ち」がまずは自分のなかに用意されていなければなりません。

私がテレクラにおける即アポで失敗したときのことを思い返すと、大抵の場合は「なんとなく、テレクラ」という少しふわふわした気持ちでテレクラを使っていたときではなかったか、と回想されます。

「気持ちの準備」が曖昧な状態でのテレクラ利用では、女性との交渉になかなか身が入らないということがあるのだろうと思います。

それに、そのような「なんとなく、テレクラ」という態度は、受話器を通して相手の女性にも伝わってしまうことがあります。

個人的な体験談としては、回線が繋がった女性に曖昧な定まらない態度を取り続けていたために、女性から「あんた、なんでテレクラ使ってるの」というクリティカルな厳しい一言をもらってガチャ切りされたことがあります。

テレクラの対策法は用意しすぎてしすぎるということはない

「出会い」を求めている場合、強い目的意識を持って受話器に向かわなければ、テレクラの攻略は難攻不落の様相を呈することになるでしょう。

かといって、「強い気持ち」があまりに前面に滲み出ていて、ガツガツとした態度をとることも、「性欲の塊」のような意識を直接的な言葉にして相手にぶつけることに繋がり非常に下品ですから、あまり好ましくはありません。

下品ではないやりかたで女性との会話を盛り上げながら、性交渉のルートをスムーズに舗装していくにはどうしたらよいか、という会話に関する「思考の準備」もあらかじめ「用意周到」に整えておく必要があります。

しかし、一方では、「用意周到」であることを前提にして、そのような「用意してきたもの」が通用しなくなるような場面にぶちあたったときに、いかに「用意してきたもの」を捨てられるか、という「状況に対する適応能力」や「切り替えの早さ」も、テレクラにおける女性との交渉の際に要求される重要な能力になるでしょう。

テレクラを利用している女性は、エロさを持ちながらもなかなか股を開いてはくれない、という矛盾するようなガードの固さを持つ女性が多いですが、相手の女性の心をじっくりとこじあけていくための心構えと戦略を充分に準備しておけば、心とともにその女陰を開いてくれる確率がグーンとあがっていくのです。

テレクラにおいては「利用前の段階で用意しすぎる」ということはありませんから、それらの大部分がたとえ無駄になるにせよ、不測の事態に対抗しうる準備を入念におこなうに越したことはありません。