テレクラ温故知新

テレクラ温故知新

無店舗型テレクラからテレクラを使い始めたユーザーのほとんどは、個室テレクラというものを使ったことがない人の方が多いのではないかと思います。

「これからテレクラを使ってみよう」と考えている人も、個室テレクラからスタートするのではなくて、無店舗型テレクラからスタートする人の方が多いのはまず間違いないでしょう。

私としても、これからテレクラを使う人に対しては、できれば無店舗型テレクラの利用をオススメしたいと考えております。

ですが、テレクラを使い始めたはいいものの即アポの技術が上達せず女性となかなか出会えない人だとか、テレクラの楽しみ方がいまひとつわからないというような人に対しては、店舗型の個室テレクラの利用を促すことがあります。

これは、店舗型テレクラが実は穴場であり無店舗型テレクラよりも出会いがある、だとか、無店舗型テレクラよりも楽しい、ということではありません。

いやな言い方に感じられるかもしれませんが、近年の個室テレクラが置かれている状況、個室テレクラのテレクラとしての環境というのは、いまや目も当てられないレベルにまで低下しているというのが現状です。

私が個室テレクラの利用をオススメする理由というのは、個室テレクラが現在ぶちあたっている惨状を知った上であらためて無店舗型テレクラを使うことによって、無店舗型テレクラのテレクラとしてのありがたみだとか、女性との出会いやすさ、楽しさなどに気づけるからというものになるでしょう。

いわば、ちょっとした「ショック療法」が受けられる病院として、個室テレクラの利用を薦めているわけです。

それは、個室テレクラおよび、個室テレクラのユーザーに失礼なのではないか、と言われても返す言葉はありませんが、個室テレクラの客層がますます底辺化の一途をたどっているという事実に関しては嘘をつくことができません。

個室テレクラの毒々おばあちゃん

店舗型の個室テレクラを現在でも使っているユーザーというのは、男女ともに第一次テレクラブームの残滓のような方々で、個室テレクラとともに年を重ねてきてしまっただけでなく、個室テレクラから離れられなくなってしまった人たちがほとんどです。

男性女性問わず、無店舗型テレクラというものが登場して以降も店舗型の個室テレクラを利用するだけあって、個室テレクラにはなかなか壮絶なキャラクターがそろっています。

常連の男女同士の罵り合いなどもザラにあり、基本的には高齢ぞろいであるために「若くてかわいい声」を受話器越しに聞くこともほとんどなく、会話能力が破滅的でまったく話が通じない熟女やモンスターを相手とする唖然とするような回線に繋がり、延々と身の上話を聞かされつづけることになる、というのが、悲しいかな、現在の個室テレクラの特色です。

現在の個室テレクラは、いわばコールタールがわきつづける汚染された底なし沼のようなもので、そこに足を踏み込んだが最後、全身毒水にまみれるだけでなく毒水を強制的に飲み込むことにもなります。

個室テレクラが悪魔の底なし沼であるとするならば、無店舗型テレクラの環境は、美しい乙女が水浴びをしている後ろ姿が垣間見えるような泉のようなものです。

個室テレクラを使うことは、無店舗型テレクラという環境の水が「飲める」ということに気付かされる契機になります。

また、個室テレクラに残ってしまった高齢者たちとの交流や観察を通して、「どのようなタイプが異性と出会えないままテレクラとともに年老いて、人格を悪化させていくのか」ということを学ぶことにもなるでしょう。

このような個室テレクラの悲惨な現状が変わってほしい、という祈りにも似た感情もあるのですが、現在の個室テレクラの持つ役割は、無店舗型テレクラとのコントラストによって、無店舗型テレクラを輝かせるという反面教師のそれでしかないように思われます。

無店舗型テレクラになにか疑問が生じたときは、ぜひ個室テレクラを使ってみてください。きっと、自分が利用している現在の無店舗型テレクラの環境の豊かさや恵みが手に取るようにわかるはずです。