テレクラ判断力批判

テレクラ判断力批判

テレクラにおける交渉の場においては様々な能力が要求されます。

そのなかで、おそらく、もっとも重要な能力のうちの一つが「判断力」ということになるでしょう。

「判断力」が機能していない状態でテレクラを利用すると、多くの失敗を呼び込むことになります。

たとえば、相手の女性が明らかに出会う意思がないにも関わらず、「判断力」が機能していないがためにそれを見抜けない、というような場合、ダラダラとした会話だけが続くことになります。

あるいは、口説き文句を放り込まなければならない「ここぞ!」というタイミングを逃す可能性も大いにあります。

ひどい場合には、相手がサクラであったり、業者であったりする場合に、そのような相手だということに気づかずに無駄話をしてしまうということさえ起こってしまうでしょう。

テレクラにおいては「判断力」をつねに研ぎ澄ました状態で、のぞまなければなりません。

脳と睾丸のバランスをたもつ

しかし、そのような「判断力」にとって「天敵」ともいえるものがあり、その「天敵」によって「判断力」というのは鈍らされてしまいます。

その「天敵」が何かというと、ずばり、「性欲」です。

「性欲」ではちきれんばかりになっている男性以上に「判断力」が低下している存在というのはいません。

世の中の多くの失敗というのは「性欲」や「煩悩」で頭がいっぱいになっている人がしでかす、自分の思考を超えた行動などによって引き起こされています。

ところで、テレクラを利用するときの男性というのは、基本的に「性欲」が強めの状態であるといわざるをえません。

テレクラという「判断力」が極度に問われる場において、「性欲」がどうしても強い状態でのぞまなければならない、というのは実に皮肉な話です。

テレクラで出会いを成功させるコツは「性欲」によって「脳」と「睾丸」の区別がつかないような状態から逃れ、冷静な対応を心がけるということに尽きるでしょう。

しかし「性欲」がまるでない状態ですと、交渉の場における生命エネルギーも低下してしまいます。

「判断力」と「性欲」、「脳」と「睾丸」のバランスを絶妙に保ちながらテレクラの女性と対話するとき、出会いの確率はグンと上昇することになるでしょう。