テレクラで男の魅力を磨く

テレクラで男の魅力を磨く

テレクラは温室ではありません。

テレクラの最大の特徴として、「何もしない人間」には「何も起こらない」というものがあげられると思います。

テレクラを使えば、自然に「出会い」がやってくる、などということはまずありません。

「メシ」と一声発したら誰かがご飯を出してくれるような環境と、テレクラは根本的に違いますので、甘えきって「出会い」などといくら頼んだところで、自分から動かなければ「出会い」にありつけないと考えたほうがよいでしょう。

テレクラとは、なんといっても「奪い合い」の場所です。

援助交際希望や、割り切りの女性がほぼ半数以上を占めるなかで、「出会い」を求めてテレクラを利用している稀有な素人女性、という「わずかなパイ」を、多数の男性が一斉に奪い合うという構図が、テレクラのおおまかな見取り図と言ってよいでしょう。

テレクラという場において、「出会い」に到達できるかどうかは、まず、テレクラという場所がちょっとした戦場であるということを自覚するところから始まります。

テレクラは自分磨きの場でもある

まわりを見渡せば、ライバルだらけ。

それに気づいたときに、ライバルとなる他のテレクラユーザーにどのように差をつけていくか。

男性同士で、数少ない素人女性を巡って行われる、この熾烈な局地戦がこそが、テレクラの本質です。

そこで求められるのは、知恵や経験、女性を喜ばせるユーモアやクールな知性、金銭力、そして、女性に対する優しさ、男性としてのセクシーさや男らしさなどの、様々な「男の魅力」です。

夢のない話に聞こえるかもしれませんが、もしかすると、現実社会で要求されるのと同程度の能力が、テレクラでは求められるのかもしれません。

逆に、テレクラで、そのような能力を獲得することができるとしたらどうでしょうか。

それらの能力は、生まれつきの、所与のものであることもありますが、自ら獲得し、鍛え上げることが可能なものでもあります。

テレクラというのは努力と鍛錬の場なのかもしれず、「出会い」というのは、その鍛錬によって得られる一つの「結果」であるともいえるでしょう。

テレクラで鍛えられた人間は、現実社会で襲い掛かってくるあらゆる困難を、テレクラで身につけた能力でもって乗り越えていくことが出来るようになります。