テレクラで性癖に革命を起こす

テレクラで性癖に革命を起こす

テレクラにおいては「若い女性」を見つけることが非常に難しく、さらに、テレクラにいる「若い女性」というのは自分自身の「女性としての魅力」を充分に理解しているタイプが多いですね。

テレクラという場所における自分の魅力や価値を充分に知っている「若い女性」というのは、そのテレクラ内で通用する自己評価の高さから、非常に強気である場合があります。

「若い女性」というのは、誰もがゲットしたい対象であるからこそ、口説き落とすのが難しい存在でもあるわけです。

この難易度が高い「若い女性」を口説き落としてこそテレクラ!という風に口説くことにますます燃えるタイプもいれば、自分にはとても無理そうだ、と諦めてしまうタイプもいるでしょう。

そうなると、テレクラに残るのは「熟女」との出会いだけになります。

ここで、テレクラの利用をやめてしまう人もいますが、「熟女」という可能性がまだ広大なものとして残されているにも関わらず早々にテレクラ遊びをやめてしまうということにはちょっともったいなさを感じてしまいます。

テレクラ革命

かつて、マリー・アントワネットは「パンがないならお菓子を食べればいいじゃない」という歴史上に残る名言を残しました。

テレクラにおいては「若い女の子がいないなら熟女を食べればいいじゃない」と言うことができるかもしれません。

こんな言い回しをすると、妥協案であるとか、ネガティブな印象を持たれるかもしれません。

しかし、テレクラにおいてメインの利用層である「熟女」を、自分の「好物」にしてみるという自己変革は、非常にポジティブな選択であるともいえるでしょう。

自分の好みの範囲外である「熟女」を愛することができるようになったとき、男性として一回り成長することになるでしょう。

それに何より、「熟女」を視野にいれることによって、テレクラの持つ可能性はヴェルサイユ宮殿にも匹敵する広大なものへと広がっていきます。

「熟女」を新たな性癖として視野にいれるとき、「女性を愛する人」としてのレベルは、テレクラで出会える熟女との関わりの中で少しずつ上昇していきます。

熟女のことを若い女性を扱うようになれると、今度は、若い女性を相手にしたときの態度などにも変化があらわれるはずです。

自分の性癖を変化させるというのは一つの革命であり、テレクラにおける「自由、平等、友愛」の精神を手に入れるための一つの闘争とも言えるでしょう。