テレクラで出会う少女への対処法

テレクラで出会う少女への対処法

テレクラで待ち合わせの約束をした結果、現場に来たのが明らかな未成年というケースは意外と多いものです。

そんな時は一体どうするのが正解なのでしょう?

結論から言うと、諦めましょう。

大人しく諭して、家に帰してあげるのが無難です。

分かります。言いたい事は本当に良く分かります。

惜しいですよね。こんな機会、逃したらもう一生巡り合えないかも知れない。

しかし!しかし、それでも涙を呑んで、我慢をせねばならぬのです

なぜならば、未成年との関係は淫行に当たります。

未成年?だったら未成年以上成人未満はOK?とお思いですか。

駄目です。

20歳を超えていなければ、いかなる場合であっても相手をしてはなりません。

仮に相手が「20歳なんですけど!福祉?の大学に通ってるんですけど!

なんて言ったとしてもです。駄目なものは駄目。

下手をすると、一緒に歩いているのを見られるだけでも通報されるかも知れません。

昨今は何を勘違いしたのか、無駄な正義感ぶる男が増えました。痴漢冤罪現場などでよく見かけますね。お呼びでも無いのに、女の子に良い目で見られたいのか何なのか、無駄な男ぶりを見せる輩がいます。

こっちは何も悪く無いのに、ただ一緒にいるだけでそういう連中から謂われも無い疑念を掛けられる可能性だってあります。

ですので、大人しく手放しましょう。分かりますよ。惜しいのは。